プロミス

返済遅延をしないように使いたい便利なプロミス

消費者金融のキャッシングの申し込み手順

いざ現金が必要になった時に備えておくと便利なのが、消費者金融のキャッシング・サービスです。近年は申込んだその日に融資が受けられる、即日融資を実施している消費者金融が沢山あるのですが、利用を開始するまでの手順を覚えておかなければ、いざという時に申し込みに手間取ってしまう事もあります。

 

と言うのは、利用者の他社での借入状況によっては、少額の融資でも収入証明書が必要になる事もありますし、そうでなくとも給与明細の提示が必要になる場合があるからです。さて、大手消費者金融ではインターネットからの利用申し込みに対応しています。この申し込み方法では、まず消費者金融のホームページから申し込みフォームを探し、必要事項を入力していきます。

 

この時、本籍の入力が必要となる場合がありますので、事前に確認しておく事が必要です。また、他社での借入状況や収入等は正確に入力しなければなりません。申し込みフォームの内容を送信すると、審査に入ります。審査結果は最短で30分で知らされますが、込み合っているときは時間がかかる事もあります。

 

さて、審査結果電話で報告されます。審査を通過すると、借入額や返済方法の説明が伝えられ、即日融資の有無を答えれば、契約はほぼ完了です。ただ、契約を完全に完了するには本人確認書類を消費者金融に送る必要があるのですが、送付方法は消費者金融によって違うので、ホームページ等で事前に確認しておく事がスムーズな契約完了に繋がります。

プロミスで返済が遅れるとどのようなことが起こるのか

借りたお金は返済しなければなりません。例えば、プロミスのキャッシングで返済日に借りたお金を返済できない場合にはどのような対応方法があるのでしょうか。また、その返済日に返済できなかった場合、つまり、返済遅延をしてしまった場合にどういう対応方法があるのでしょうか。

 

プロミスでも他社と同じように、遅延利息金、つまり遅延損害金といういわゆるペナルティにあたる金額を支払わなければなりません。プロミスでは、その遅延利息金は借入残高に対しての遅延利息を支払い、その利息が20パーセントと他社に比べても比較的高めの設定になっています。

 

しかしながら、この遅延利息というのは、借入した本人の過失にもなりますから、支払うこと自体もったいないということになるでしょう。そこで、その遅延損害金を支払わないように、無理のない返済計画を立てると共に、万が一、設定された返済日に間に合わないようであれば、予めプロミスに返済日を変更する手続きをとることで遅延利息を支払わずにすむことが出来るのです。

 

こういったサービスを上手に利用して、計画を持って返済することで、無駄なお金を払わずに、効率的に借りたお金を返済することができるでしょう。

 

プロミス
返済に遅れることなく利用出来るのであれば、何かと便利で頼れる存在となってくれるのです。
困ったときのキャッシング
お金がないときに素早く融資をしてくれるキャッシングなら、緊急時にも助かります。